2010年11月11日

■技能士会会員限定の講習会を実施いたします

会員の皆様限定の講習会のお知らせです。

下記の講習を実施いたします。ご希望の方は奮ってご参加ください。


   ・研削といしの取替え等の業務に係わる特別教育講習
             
       定員 20名 (平成23年1月18日(火)〜1月19 日(水))


  ・アーク溶接等の業務に係わる特別教育講習
         
      定員 20名 (平成23年2月 8日(火)〜2月10 日(木)) 


詳しくは、こちら。

     総合案内→kousyuu info.pdf

   研削といし講習案内→kensaku toisi info.pdf

   アーク溶接講習案内→a-ku yousetu info.pdf

   講習申込書→mousikomisyo(ginousikai).pdf

   駐車場案内→parking.pdf


ここでひとつお知らせです。
当技能士会並びに職業能力開発協会では、両会とも「会員」もしくは「団体会員」の構成員という限定で、在職者である等の制約はありますが、講習料を安く設定しております。


また、技能士会では会員の皆様のご意見を反映した「講習会」の開催をすることにしております。
希望の講習にある程度の人数がいらっしゃいましたら、是非ご相談ください。

09:13 | お知らせ
2010年11月10日

技能士重用! 1級技能士現場常駐制度・技能士活用基準 

国においては、官庁営繕工事で指定する職種について、その作業現場に1級技能士を常駐させるという制度「1級技能士現場常駐制度」を設けて、技能士の社会的地位を高めるよう努めています。

また県においても、技能士の社会的地位を高め、技術水準の向上を図るため、県の発注する建設工事の主要な部分について「技能士活用基準」を設けて、技能士を積極的に活用することにしています。
加えて県では、持つ職業能力が社会で適正に評価されるよう、技能検定等の職業能力評価制度の普及拡大を図り、県建築工事における「技能士活用基準」の市町村への普及にも努めています。


技能士会連合会では、働く人が技能や知識を学ぶ意欲を高めるとともに、働く人の持っている能力が正しく評価されるようにするため、技能を尊重する気運づくりを進めています

13:31 | お知らせ
2010年11月10日

「技能の日」(11月10日)と「職業能力開発促進月間」(11月1日〜30日)

今日11月10日は、「技能の日」。

昭和45年、アジアで初めて技能五輪国際大会が我が国で開催されました。これを記念し、開会式が行われた11月10日を「技能の日」に、その11月を「職業能力開発促進月間」に定めています。
この期間を中心に、いろいろな行事が全国各地で開催され、技能を尊重する気運づくりに努めています。
12:00 | お知らせ
2010年11月04日

全技連マイスターに秋田県から2氏が、新たに認定!!

日本調理 鈴木氏  建築塗装 長谷川氏 のお二人が新たに22年度の全技連マイスターとして認定されました。これで、秋田県のマイスターは、総勢19名となります。

鈴木 清氏(水屋光琳 秋田市)は、平成13年の秋田の名工。第21回技能グランプリ銅賞。
長谷川 淳司氏(長谷川塗物店 秋田市)は、平成11年度の秋田の名工(県優良技能者)。

2氏とも、これまで「秋田の名工展」「技能フェア」、小学校を訪問する「技能教室」などの講師を務めるなど、当会の事業に積極的に参画。

また個人的にも、様々な催しにも参加するなど、技能の振興、後継者育成、業界の発展に尽力してきました。


全技連マイスターとは・・・
zengiren maisuta.jpg

13:28 | お知らせ
2010年11月04日

秋田県厨房技能士会 佐々木 英一氏が「瑞宝単光章」を受章!

平成22年秋の叙勲において、我々の関係者の中からも1名、当会の会員 佐々木 英一氏が、栄えある「瑞宝単光章」を受章いたしました。

20101118102015307_0001-1.jpg

佐々木氏の今回の受章は、「技能検定功労」によるもの。
永年に渡り技能検定委員として国家試験に携わってきたのは無論のこと、技能検定の普及、発展にも貢献して来ました。

また、厨房技能士会の会長として厨房業界の発展に寄与し、自らも技能士として積極的に技能振興や後進育成に尽力されて来ました。

これまでの功績が広く認められたものと、我々関係者一同、心からお慶び申し上げます。
00:00 | お知らせ
2010年11月02日

現代の名工 齋藤 國男氏が黄綬褒章を受章

平成22年秋の褒章において、秋田県から1団体6名の方々が受章されました。

我々の関係者の中からも1名、当会の会員 齋藤 國男氏が、栄えある黄綬褒章に選ばれました。

齋藤氏は、うるし職人(技能士)として秋田の名工(県優良技能者)に選ばれてからは積極的に我々の事業に参画、技能振興や後進育成に尽力されて来ました。

平成20年に県芸術文化章、同年現代の名工(国の卓越技能者)にも選ばれ、今回22年の褒章となりました。

その道一筋に励んだ功績により、また技能振興に尽力された功績が認められたものと、我々関係者一同、心からお慶び申し上げます。

20101102103440736_0001.jpg
P1060464.JPG

16:45 | お知らせ
2010年11月02日

第42回 秋田県職業能力開発促進大会 開催!

   去る10月28日 秋田市文化会館(秋田市山王七丁目3−1)において、秋田県、秋田県職業能力開発協会、(社)秋田県技能士会連合会3者共催により、「育てよう 未来をになう 秋田の技能」を大会スローガンとし秋田県職業能力開発促進大会が開催されました。

P1060241.JPG

 大会では、平成22年度秋田の名工(県優良技能者)など、県知事表彰14名1団体、職業能力開発協会会長表彰26名、技能士会連合会会長表
 彰11名の方々が、表彰されました。
 −詳細は、こちら。

   県知事表彰→chijihyousyou.pdf
 職業能力開発協会会長表彰→kyoukaichou hyousyou.pdf
 技能士会連合会会長表彰  →renngoukaichou hyousyou.pdf

P1060252.JPG
P1060365.JPGP1060389.JPG


 表彰に引き続き、現代の名工 齋藤 國男氏より「漆芸歴(しつげいれき)52年の歩み」と題して記念講演が行われました。


P1060464.JPG

 表彰を受けられました皆様、誠におめでとうございました。

  当日の様子は、下記に写真をアップしておりますのでご覧ください。
  →http://picasaweb.google.co.jp/118376758889435843446

16:22 | お知らせ
2010年10月20日

「匠神社」例祭が行われました!

−建立から今年で10年−


10月18日(月)16:00〜 川尻総社神社内 匠神社において 関係者約40名が集まり、例祭が執り行われました。
神事には、これから上京するという僅かな時間をぬって、衆議院議員 金田勝年様ご本人が参列されました。


当日は、川尻総社神社の秋の例祭の日。 

境内には、婦人会、青年会の屋台などが出て、とてもにぎやかな様子、天気にも恵まれた秋の1日でした。
 takumi3.JPG
 takumi2.JPG

 takumi1.JPG

当日の様子は、下記にて写真を公開しております。

http://picasaweb.google.co.jp/118376758889435843446/dkfRW#

09:46 | お知らせ
2010年10月20日

第3回ものづくりフェア 打ち合わせ会議 開催!

10月18日(月)13:30より、県職業訓練センターにおいて12職種22名が集まり、会議を行いました。  
議題は、
 (1)県への要望書について
  (2)ものづくりフェアの開催について
          ・ 開催要領(案)
          ・ 実行予算(案)
          ・ 実施方法

本事業に長年参画いただいている、かって知ったる方々ですので、
以前に増して建設的な発言や、意欲が満ちあふれる意見が出され、事務局としてはたいへん感激いたしました。

 

開催が危ぶまれていた「ものづくりフェア」ですが、
詳細については未定ですが、本年度も「実施する」という方向で事業を進めます。


ご期待ください!

09:15 | お知らせ
2010年10月20日

刷毛塚供養(秋田県表具内装組合連合会からの情報提供です。)

今年も9月1日に、秋田市旭北栄町の鱗勝院において、秋田県表具内装組合連合会の田村 武奥雄会長をはじめ組合員18名が参加し、刷毛供養がしめやかに執り行われました。
刷毛塚は、当組合の創立30周年記念の事業として、揮毫は、書道家の故児玉潤松先生、施工は橋本石材店の協賛を得まして平成4年に当寺に建立されました。以来、毎年9月1日に故人表具師の追悼供養と表具師にとって最も大事な道具である刷毛の供養を行うため、県内から組合員が古くなった刷毛を持ち寄り、感謝と祈りをささげています。
※記事及び写真は、秋田県表具内装組合連合会の宮田三喜男氏より提供を受けました。
2010.9.1hakekuyou.jpg
09:09 | お知らせ
このページの先頭へ